算術演算子
そふぃのPHP入門 >> PHP言語リファレンス >> PHPの演算子 >> 算術演算子

算術演算子

算術演算子とは

算術演算子は小学校で習った算数と同じです。数値を足したり引いたりするための演算子です。

演算子 意味 説明 実行結果
+ 加算 たす 5+2 7
- 減算 ひく 5-2 3
* 乗算 かける 5*2 10
/ 割算 わる 5/2 2.5
% 余剰 あまり 5%2 1

実行結果と共にご覧下さい。

優先順位なども算数と同じで掛け算・割り算を優先して計算します。足し算や引き算を優先させたい時はかっこ「()」で囲んで下さい。

  1. <?php
  2. $calc1 = 8 + 3 * 5;
  3. $calc2 = (8 + 3) * 5;
  4. echo "8 + 3 * 5 = ".$calc1."<br />\n";
  5. echo "(8 + 3) * 5 = ".$calc2;
  6. ?>

出力結果

8 + 3 * 5 = 23
(8 + 3) * 5 = 55

割算演算子の返り値

整数型(integer)の値を割り算して小数点が付くような場合でも割算演算子の帰り値は常に不動小数点型(float・double)になります。

  1. <?php
  2. $cul = 5/2;
  3. $type = gettype( $cul ); // $culの型を取得
  4. echo '$culの値は'.$cul."<br />\n";
  5. echo '$culの型は'.$type;
  6. ?>

出力結果

$culの値は2.5
$culの型はdouble

参考関数

書式

  • string gettype( mixed var )
PHP5徹底攻略
PHP5徹底攻略 PHPのバイブル、赤マンモスです。
独習PHP
独習PHP 入門から、PEAR、Smartyまで。