while
そふぃのPHP入門 >> PHP言語リファレンス >> PHPの制御構造 >> while

while

while文

while文は簡単なループ(繰り返し処理)を実現する文です。

ループを継続する条件を定め、その条件を満たしている限り処理を実行しつづけます。

このwhile文も条件式を論理型(TRUEもしくはFALSE)で判定していますが、判定は各ループ処理の最初に行われます。

基本の構文

条件式の値がTRUEの間ループ処理を実行しつづけます。条件式が初めからFALSEの時はループ処理は一回も実行されません。

このwhile文も複数のループ処理がある場合にはブロックを大括弧「{}」で括ります。

while文使用例

  1. while( 条件式 )
  2.   ループ処理;

while文:1~10までの数を出力

  1. <?php
  2. $i = 1;
  3. while( $i <= 10 ){
  4.   echo $i++."<br />\n"; //改行しながら値を表示して値+1
  5. }
  6. ?>

出力結果

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

do-while文

while文のもう1つの形がdo-while文です。

while文との違いは条件式の判定が各ループの最後に行われる事です。つまり、条件式が初めからFALSEであっても最低1回は実行される、という事です。

基本の構文

do while文使用例

  1. do{
  2.   ループ処理;
  3. }
  4. while( 条件式 )

do while文は条件式がfalseでも1回は実行される

  1. <?php
  2. $i = 1;
  3. do{
  4.   echo $i++."<br />\n";
  5. }
  6. while( $i >= 10 ); //$iが「10以上」という条件なので判定はFALSE
  7. ?>

出力結果

1