print_r
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> 変数操作関数 >> print_r

print_r

解説 指定した式に関する情報を解りやすく出力する
書式 bool print_r( mixed expression [, bool return ] )
bool print_r( mixed [, bool 返り値オプション ] )
引数 expression
return 結果をキャプチャするかどうかのオプション。デフォルトはFALSE(キャプチャしない)
返値 TRUE(成功した時)/FALSE(失敗した時)

PHPマニュアル:print_r print_r()

print_r()関数:概略解説

print_r()は分かりやすい形式で変数の値に関する情報を表示します。

print_r()関数:返り値解説

変数の情報が返されます。

print_r()関数:引数解説

expression
情報を出力したい変数を指定します。
return返り値オプション
省略可能なオプション引数で、結果をキャプチャするかどうかのオプションです。TRUEを指定すると結果を出力せずにキャプチャします。この引数により、変数などにprint_r()関数の出力結果を保持しておく事が可能になります。デフォルトはFALSEで、キャプチャせずに出力します。

print_r()関数:補足解説

文字列型、整数型、浮動小数点型を指定した場合はその値が出力されます。

配列型やオブジェクト型を指定した場合はキーと要素を表す形式で値が表示されます。print_r()var_export()は(PHP5では)オブジェクトのprotected及びprivateプロパティも表示しますが、var_dump()は表示しません。

print_r()は配列ポインタを終端まで移動します。

この関数の出力は見やすいようにフォーマットされているので、<pre>タグを使うと見やすく表示する事ができます。

print_r()関数:注意

return引数はPHP4.3.0以降追加されました。それ以前のバージョンでprint_r()の結果をキャプチャしたい場合は出力制御関数を使用して下さい。

PHP4.0.4以前のバージョンでは、指定した配列またはオブジェクトが自分自身への直接・間接の参照を有しているか場合には無限ループが発生しました。

参考関数

  • ob_start() ---- 出力のバッファリングをオンにする
  • var_dump() ---- 指定した変数に関する情報をダンプする
  • var_export() ---- 変数の文字列表現を出力または取得する

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. $fruit = array( "banana" => "バナナ", "orange" => "オレンジ", "apple"=> "りんご" );
  3. print "<pre>";
  4. print_r($fruit);
  5. print "</pre>";
  6. ?>

出力結果

Array
(
    [banana] => バナナ
    [orange] => オレンジ
    [apple] => りんご
)

配列などの場合、改行やタブを含めて表示してくれるので<pre>タグで囲むと見やすい表示になります。

第2引数returnの指定方法

  1. <?php
  2. $fruit = array( "banana" => "バナナ", "orange" => "オレンジ", "apple"=> "りんご" );
  3. $result = print_r($fruit, TRUE);
  4. print "<pre>";
  5. echo $result;
  6. print "</pre>";
  7. ?>

出力結果

Array
(
    [banana] => バナナ
    [orange] => オレンジ
    [apple] => りんご
)

結果を保持しておくと、後からの出力も可能になります。