intval
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> 変数操作関数 >> intval

intval

解説 変数の整数としての値を取得する
書式 int intval( mixed var [, int base ] )
int intval( mixed 変数 [, int 基数 ] )
引数 var 変数
base 基数(省略時は10)
返値 変数の整数値

PHPマニュアル:intval intval()

intval()関数:概略解説

intval()は引数に指定した値を整数値(integer)に変換する関数です。整数の基数を指定する事もできます。

intval()関数:返り値解説

変換後の整数値(integer)が返されます。

intval()関数:引数解説

var変数
変換したい値を指定します。
base基数
省略可能なオプション引数で、基数を指定します。省略された場合は「10」がデフォルト、つまり10進数値に変換されます。base引数はvar引数が文字列でない限り、意味がありません。 {include file='parts/goto.tpl' goto=$goto[0]}

intval()関数:その他

引数に指定する型はどんなスカラー型でも構いませんが、配列(array)またはオブジェクト(object)を指定する事はできませんので注意して下さい。 {include file='parts/goto.tpl' goto=$goto[1]}

参考関数

  • floatval() ---- 変数のfloat値を取得する
  • doubleval() ---- floatval()関数のエイリアス
  • strval() ---- 変数の文字列としての値を取得する
  • settype() ---- 変数の型をセットする
  • gettype() ---- 変数の型を取得する

基数について

基数とは記数法で基礎として用いる数です。普段使用している10進法では10倍ごとに桁が上がっていき、「1の位」・「10の位」・「100の位」・・・と桁が上がりますので基数は「10」となります。これに対して16進法では16倍ごとに桁が上がるので「1の位」・「16の位」・「256の位」・・・と桁が上がっていき、基数は「16」となります。

参考 IT用語辞典:基数

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. $var = '122.34343The'; // 文字列型
  3. echo intval( $var ); // 整数値に変換して出力
  4. ?>

出力結果

122

第2引数base使用例

  1. <?php
  2. $RGB = '#37C612';
  3. $R = intval( substr( $RGB, 1, 2 ), 16 );
  4. $G = intval( substr( $RGB, 3, 2 ), 16 );
  5. $B = intval( substr( $RGB, 5, 2 ), 16 );
  6.  
  7. echo "RGB:".$RGB."<br />\n";
  8. echo "R:".$R."<br />\n";
  9. echo "G:".$G."<br />\n";
  10. echo "B:".$B;
  11. ?>

出力結果

RGB:#37C612
R:55
G:198
B:18

参考関数

  • substr() ---- 文字列の一部分を取得する
PHP辞典
PHP辞典 PHP5の関数にも対応したリファレンスですが、関数ごとにバージョンが表示されているのでPHP4ユーザにも安心。簡単なサンプルが全ての関数についている事と目的別検索が魅力です。
PHPポケットリファレンス
PHPポケットリファレンス 携帯用でもOKの小さめの本。関数本にありがちな分厚い・重い・見るのがおっくうという欠点をコンパクト化で解消してます。小さいながらも関数の掲載量・内容は共に十分充実しており、関数ごとのサンプルや目的別検索もあります。