urlencode
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> URL関数 >> urlencode

urlencode

解説 文字列をURLエンコードする
書式 string urlencode( string str )
string urlencode( string 文字列 )
引数 str 文字列
返値 URLエンコードした文字列

PHPマニュアル:urlencode urlencode()

urlencode()関数:概略解説

urlencode()は引数の文字列をURLエンコードします。

urlencode()関数:返り値解説

URLエンコードされた文字列が返ります。

urlencode()関数:引数解説

str文字列
URLエンコードしたい文字列を指定します。

urlencode()関数:補足解説

URLエンコードの規則

  • - (ハイフン)、 _ (アンダーバー)、 . (ピリオド)を除くすべての非英数文字(英数文字でない文字)を「%」(パーセント記号)に続く2桁の数字に置き換えます。
  • 空白は + に置き換えられます

この置き換えをエンコードといいますが、エンコードされた文字列を元に戻すのはデコードといいます。デコードにはurldecode()を用います。

urlencode()関数:注意

フォームから入力された値は、PHPが自動でURLエンコードするためこの作業は不要です。但し、ハイパーリンクを作成する場合などは自動的にURLエンコードされないため、環境によっては正常に動作しない場合がありますので注意して下さい。

参考関数

  • urldecode() ---- エンコードされたURL文字列をデコードする

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. // ハイパーリンク用にURLエンコード
  3. $url = "login.php?name=" . urlencode("そふぃ");
  4. // <a>タグに挿入して出力
  5. print htmlspecialchars("<a href=\"{$url}\">ログイン</a>");
  6. ?>

出力結果

<a href="login.php?name=%E3%81%9D%E3%81%B5%E3%81%83">ログイン</a>
PHP辞典
PHP辞典 PHP5の関数にも対応したリファレンスですが、関数ごとにバージョンが表示されているのでPHP4ユーザにも安心。簡単なサンプルが全ての関数についている事と目的別検索が魅力です。
PHPポケットリファレンス
PHPポケットリファレンス 携帯用でもOKの小さめの本。関数本にありがちな分厚い・重い・見るのがおっくうという欠点をコンパクト化で解消してます。小さいながらも関数の掲載量・内容は共に十分充実しており、関数ごとのサンプルや目的別検索もあります。