phpinfo
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> PHPオプション・情報関数 >> phpinfo

phpinfo

解説 PHP情報を出力する
書式 bool phpinfo( [ int what ] )
bool phpinfo( [ int 出力情報 ] )
引数 what 出力情報
返値 現在のPHPの状態に関する情報

PHPマニュアル:phpinfo phpinfo()

phpinfo()関数:概略解説

phpinfo()は現在のPHPの状態に関する情報を出力します。出力される情報には、PHPコンパイルオプション、拡張機能、PHPバージョン、サーバ情報と環境(モジュールとしてコンパイルされた場合)、PHPの環境、OSバージョン情報、パス、構成オプションのマスター及びローカル値、HTTPヘッダ、PHP Licenceなどがあります。

phpinfo()関数:返り値解説

現在のPHPの状態に関する情報が返されます。

phpinfo()関数:引数解説

what出力情報
引数に以下の値を1つ、または複数指定することによって出力をカスタマイズできます。それぞれの定数やビット値をor演算子で組み合わせる事も可能です。 {include file='const/phpinfo.tpl'} {include file='parts/goto.tpl' goto=$goto[0]}

phpinfo()関数:注意

expose_phpがOFFの場合には一部の情報は表示されません。これにはPHPとZendのロゴ、そしてクレジットが含まれます。

参考関数

  • phpversion() ---- PHPのバージョンを取得する
  • phpcredits() ---- PHPに関するクレジットを出力する
  • php_logo_guid() ---- ロゴのguidを取得する
  • ini_get() ---- 設定オプションの値を得る
  • ini_set() ---- 設定オプションの値を設定する

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. phpinfo();
  3. ?>

全ての情報を出力します。

引数指定

  1. <?php
  2. phpinfo(INFO_MODULES);
  3. ?>

モジュール情報のみ出力します。

PHP辞典
PHP辞典 PHP5の関数にも対応したリファレンスですが、関数ごとにバージョンが表示されているのでPHP4ユーザにも安心。簡単なサンプルが全ての関数についている事と目的別検索が魅力です。
PHPポケットリファレンス
PHPポケットリファレンス 携帯用でもOKの小さめの本。関数本にありがちな分厚い・重い・見るのがおっくうという欠点をコンパクト化で解消してます。小さいながらも関数の掲載量・内容は共に十分充実しており、関数ごとのサンプルや目的別検索もあります。