is_writable
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> ファイルシステム関数 >> is_writable

is_writable

解説 ファイルが書き込み可能かどうかを調べる
書式 bool is_writable( string filename )
bool is_writable( string ファイル名 )
引数 filename ファイル名
返値 TRUE(ファイルが書き込み可能な場合)/FALSE(ファイルが存在しないか書き込み不可能な場合)

PHPマニュアル:is_writable is_writable()

is_writable()関数:概略解説

is_writable()は引数で指定しているファイルに対する書き込み権限があるかどうか調べます。

is_writable()関数:返り値解説

指定したファイルが存在し、かつ書き込み可能であればTRUEを返します。ファイルが存在しない、または存在しても書き込みが不可能な場合にはFALSEを返します。

is_writable()関数:引数解説

filenameファイル名
ファイルへのパスを指定します。引数はディレクトリ名とする事もできます。ディレクトリ名とした場合はディレクトリ自体が書き込み可能であるかどうか調べます。

参考関数

  • is_writeable() ---- is_writable()関数のエイリアス
  • is_readable() ---- ファイルが読み込み可能かどうか調べる
  • file_exists() ---- ファイル、ディレクトリやシンボリックリンクが存在するか調べる
  • fwrite() ---- ファイルをバイナリ・モードで書き込む
  • fputs() ---- fwrite()関数のエイリアス

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. $filename = "empty.php";
  3. if( is_writable($filename) ){
  4.   echo '書き込み可能ファイルです。';
  5. }
  6. ?>
PHP辞典
PHP辞典 PHP5の関数にも対応したリファレンスですが、関数ごとにバージョンが表示されているのでPHP4ユーザにも安心。簡単なサンプルが全ての関数についている事と目的別検索が魅力です。
PHPポケットリファレンス
PHPポケットリファレンス 携帯用でもOKの小さめの本。関数本にありがちな分厚い・重い・見るのがおっくうという欠点をコンパクト化で解消してます。小さいながらも関数の掲載量・内容は共に十分充実しており、関数ごとのサンプルや目的別検索もあります。