fwrite
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> ファイルシステム関数 >> fwrite

fwrite

解説 ファイルをバイナリ・モードで書き込む
書式 int fwrite( resource handle , string string [, int length ] )
int fwrite( resource ファイルポインタ , string 文字列 [, int 長さ ] )
引数 handle ファイルポインタ
string 文字列
length 長さ
返値 書き込んだバイト数/FALSE(書き込み失敗)

PHPマニュアル:fwrite fwrite()

fwrite()関数:概略解説

fwrite()は指定したファイルへの書き込みを行います。

fwrite()関数:返り値解説

書き込みに成功すると書き込んだバイト数を返しますが、失敗した場合はFALSEを返します。

fwrite()関数:引数解説

handleファイルポインタ
書き込みたいファイルのファイルポインタを指定します。
string文字列
書き込みたい文字列を指定します。
length長さ
省略可能なオプション引数で、書き込む長さを指定します。この引数を指定した場合は、その長さまでの書き込みが完了したか、または第2引数で指定した文字列が終わりに達したかで書き込み終了になります。

fwrite()関数:補足解説

ファイル名ではなく、ファイルポインタを指定する事に注意して下さい。ファイルポインタはfopen()関数やfsockopen()関数で正常に開かれたファイルでなければいけません。

fwrite()関数:その他

fputs()関数と同じ働きをします。fputs()関数はfwrite()関数のエイリアス(別名)ですのでどっちを使ってもらっても構いません。

参考関数

  • fputs() ---- fwrite()関数のエイリアス
  • fread() ---- ファイルをバイナリ・モードで読み込む
  • fopen() ---- ファイルまたはURLを開く
  • fsockopen() ---- インターネットもしくはUNIXドメインのソケット接続を開始する

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. // ファイルの終端に1行追加する
  3. $fp = fopen("test.php", "a");
  4. fwrite( $fp, "追加文字列\n" );
  5. fclose( $fp );
  6. ?>

ファイルが存在するかチェックしながら書き込む

  1. <?php
  2. $filename = 'test.txt';
  3. $content = "この部分をファイルに追加します\n";
  4.  
  5. // ファイルが存在しかつ書き込み可能かどうか確認します
  6. if ( is_writable( $filename ) ){
  7.  
  8.   if( ! $handle = fopen( $filename, 'a' ) ){ // ファイルが開けなかった場合
  9.     print "{$filename}が開けませんでした";
  10.     exit;
  11.   }
  12.   if( ! fwrite( $handle, $content ) ){ // ファイルに書き込めなかった場合
  13.     print "{$filename}に書き込めませんでした。";
  14.     exit;
  15.   }
  16.  
  17.   print "{$filename}に{$content}を追加できました。";
  18.   fclose($handle);
  19. }
  20. else{ //ファイルが書き込み不可能な場合の処理
  21.   print "この{$filename}は書き込めません";
  22. }
  23. ?>

参考関数

  • is_writable() ---- ファイルが書き込み可能かどうかを調べる