localtime
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> 日付・時刻関数 >> localtime

localtime

解説 日付・時刻を配列または連想配列にして取得する
書式 array localtime( [ int timestamp [, bool is_associative ]] )
array localtime( [ int タイムスタンプ [, bool 添え字の形式 ]] )
引数 timestamp Unixタイムスタンプ
is_associative TRUE(連想配列で得る)/FALSE(通常の配列で得る)
返値 指定した日付情報の入った配列

PHPマニュアル:localtime localtime()

localtime()関数:概略解説

localtime()は引数で指定したタイムスタンプの日時を配列、もしくは連想配列として取得する関数です。

localtime()関数:返り値解説

指定した日時の情報を持った配列/連想配列が返されます。月の値などは0から数える事に注意が必要です。
localtime()関数が返す連想配列一覧
キー(数値) キー(連想配列) 値の意味
0 tm_sec 秒の値 0 ~ 59
1 tm_min 分の日 0 ~ 59
2 tm_hour 時の値 0 ~ 23
3 tm_mday 日付の値 1 ~ 31
4 tm_mon 月の値 0 ~ 11
5 tm_year 年の値
HTML_KOME1900年からの年数
100 など
6 tm_wday 曜日の値(数値) 0(日曜) ~ 6(土曜)
7 tm_yday 日付の値(年単位) 0 ~ 364
8 tm_isdst サマータイムフラグ 1 or 0

localtime()関数:引数解説

timestampタイムスタンプ
情報を取得したい日時のタイムスタンプを指定。省略した場合はローカルの現在時刻を参照します。
is_associative添え字の形式
日付情報を格納する配列の取得形式を指定します。省略した場合はFALSEまたは0が指定されたとみなされ、数値をキーとした通常の配列が返されます。連想配列としたければTRUEもしくは1を指定します。

参考関数

  • date() ---- 日付・時刻を書式化する
  • time() ---- 現在のUnixタイムスタンプを取得する
  • getdate() ---- 日付・時刻を連想配列にして取得する
  • gettimeofday() ---- 現在の時刻を取得する

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. $today = localtime(); // 現在時刻を配列として取得
  3. print '<pre>';
  4. print_r( $today ); // 配列情報を全て出力
  5. print "</pre>\n";
  6. ?>

出力結果

Array
(
    [0] => 34
    [1] => 42
    [2] => 18
    [3] => 24
    [4] => 4
    [5] => 117
    [6] => 3
    [7] => 143
    [8] => 0
)

localtime()関数の配列情報の出力結果です。

今日の情報出力

  1. <?php
  2. $now = localtime( time(), TRUE ); // 現在時刻を連想配列として取得
  3. print '今年は1900年から数えて';
  4. print $now['tm_year'];
  5. print '年目にあたります。';
  6. ?>

出力結果

今年は1900年から数えて117年目にあたります。

年の値(tm_year:5)が表わすのは1900年からの年数