gettimeofday
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> 日付・時刻関数 >> gettimeofday

gettimeofday

解説 現在の時刻を取得する
書式 mixed gettimeofday( [ bool return_float ] )
mixed gettimeofday( [ bool 浮動小数点型フラグ ] )
引数 return_float 返り値を浮動小数点型で返すかどうか
返値 現在時刻の情報を持った連想配列または数値

PHPマニュアル:gettimeofday gettimeofday()

gettimeofday()関数:概略解説

gettimeofday()はローカルの現在時刻を取得する関数です。

gettimeofday()関数:返り値解説

ローカルの現在時刻の情報を持った連想配列または不動小数点型の数値が返されます。

連想配列で取得するか浮動小数点型で取得するかは引数によって決定され、引数にTRUEを設定した場合には浮動小数点型の数値が返されます。

gettimeofday()関数が返す連想配列一覧
キー 値の意味
sec タイムスタンプの値
usec マイクロ秒の値
minuteswest GMTとの差を分で表わした値
dsttime サマータイム補正の型。サマータイムなら1、そうでないなら0

gettimeofday()関数:引数解説

return_float浮動小数点型フラグ

ローカルの現在時刻の情報を持った連想配列または不動小数点型の数値が返されます。

連想配列で取得するか浮動小数点型で取得するかは引数によって決定され、引数にTRUEを設定した場合には浮動小数点型の数値が返されます。

gettimeofday()関数:注意

この関数はOSのシステムコール、 gettimeofday(2) という機能から現在時刻を生成する為、 gettimeofday(2) がサポートされていないOS上では使えません。とは言っても、Linux、Solaris、Windowsなどの主要なOSでは使えるようです。

参考関数

  • time() ---- 現在のUnixタイムスタンプを取得する
  • microtime() ---- 現在のUNIXタイムスタンプをマイクロ秒まで取得する
  • getdate() ---- 日付・時刻を連想配列にして取得する
  • localtime() ---- 日付・時刻を配列または連想配列にして取得する

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. print '<pre>';
  3. print_r( gettimeofday() ); // gettimeofdayの配列情報を全て出力
  4. print "</pre>\n";
  5. ?>

出力結果

Array
(
    [sec] => 1485094212
    [usec] => 35162
    [minuteswest] => -540
    [dsttime] => 0
)

gettimeofday()関数の配列情報の出力結果です。

usec(マイクロ秒)とmicrotime()の違い

  1. <?php
  2. $now = gettimeofday();
  3. print 'gettimeofday()のusec―'.$now['usec']."<br />\n";
  4. print 'microtime()の出力―'.microtime();
  5. ?>

出力結果

gettimeofday()のusec―37222
microtime()の出力―0.03730000 1485094212
PHP辞典
PHP辞典 PHP5の関数にも対応したリファレンスですが、関数ごとにバージョンが表示されているのでPHP4ユーザにも安心。簡単なサンプルが全ての関数についている事と目的別検索が魅力です。
PHPポケットリファレンス
PHPポケットリファレンス 携帯用でもOKの小さめの本。関数本にありがちな分厚い・重い・見るのがおっくうという欠点をコンパクト化で解消してます。小さいながらも関数の掲載量・内容は共に十分充実しており、関数ごとのサンプルや目的別検索もあります。