current
そふぃのPHP入門 >> PHP関数リファレンス >> 配列関数 >> current

current

解説 配列内の現在の要素を取得する
書式 mixed current( array array )
mixed current( array 配列 )
引数 array 対象配列
返値 配列内で現在参照している要素の値

PHPマニュアル:current current()

current()関数:概略解説

current()は指定した配列のカレント、つまり現在参照している要素の値を取得する関数です。

current()関数:返り値解説

現在参照している要素の値を返します。配列ポインタが最終要素の位置を超えている場合や、値が空文字「""」、「0」の場合にFALSEを返します。

current()関数:引数解説

array配列
対象としたい配列を指定します。

current()関数:補足解説

current()は、カレント(現在参照中)の要素の値を返すのみで、ポインタ自体は移動しません。

current()関数:注意

current()は、要素の値が0や空文字の場合にFALSEを返しますので、配列の最後まで到達したかどうかの判定には向きません。配列を走査したい場合などにはeach()を使用します。

参考関数

  • end() ---- 配列ポインタを最後の要素にセットする
  • reset() ---- 配列ポインタを先頭の要素にセットする
  • next() ---- 配列ポインタを次の要素にセットする
  • prev() ---- 配列ポインタを前の要素にセットする
  • key() ---- 現在の配列ポインタ上のキーを取得する

サンプルスクリプト

簡単な利用例

  1. <?php
  2. $a[] = 10;
  3. $a[] = 25;
  4. $a[] = 8;
  5. print current( $a ); // 現在の要素の値を出力
  6. ?>

出力結果

10

何も処理を加えていなければ配列は最初の要素を参照しています。

配列ポインタの移動

  1. <?php
  2. $arr[5] = "28";
  3. $arr[20] = "15";
  4. $arr[50] = "6";
  5.  
  6. print end( $arr )."<br />\n"; // 参照を最後の要素に移す
  7. print current( $arr );
  8. ?>

出力結果

6
6

配列ポインタとは、今どこを参照しているかを示す目印みたいなもんです。end()はそのポインタを配列の最後の要素にセットします。つまり、end()を使用すると配列は最後の要素を参照するようになります。

PHP辞典
PHP辞典 PHP5の関数にも対応したリファレンスですが、関数ごとにバージョンが表示されているのでPHP4ユーザにも安心。簡単なサンプルが全ての関数についている事と目的別検索が魅力です。
PHPポケットリファレンス
PHPポケットリファレンス 携帯用でもOKの小さめの本。関数本にありがちな分厚い・重い・見るのがおっくうという欠点をコンパクト化で解消してます。小さいながらも関数の掲載量・内容は共に十分充実しており、関数ごとのサンプルや目的別検索もあります。